新北市の金山エリアは観光地であると同時に温泉地でもあります。区内には大小様々な入浴施設がありますが、特筆すべきは無料の施設がいくつもある(地図で確認できただけで7箇所)ことです。そのうち一つが今回紹介する加投里のものです。
と書きましたが実はこの施設は区境をわずかに越えた萬里區に位置していますので正確には萬里の無料温泉と言うべきでしょうか。

湯温 熱め
設備 浴槽、水道(水のみ)、お手洗い(中)
利用客 多め

この施設のポイントは利便さ。バス通りに面し、加投里停留所で降りるとすぐです。観光路線である台灣好行バスも止まります。バスを降りたら目印になるのはこの火山浴温泉の看板。

駐車場に向かって左側にあるこれが無料温泉。

特に看板も出ておらず、見た目で温泉とわかりにくいですが階段を降りていくと案内があります。

中は男女分かれており、日本式の裸湯。脱衣場と一体になった簡素な造りで地元の人により清潔に保たれていますが、女性にはちょっと入りづらいかもしれません。利用者はほとんどが地元の年配者ばかりです。
かなり熱めの湯で入れずにいたら「後ろのコックをひねると水が出るから調整して」と教えてくれました。ただあまりぬるくしてしまうと熱いのが好きな人達の迷惑になりますので、入れるくらいに下がったら止めましょう。

階段を上がった先は休憩スペースになっています。

大埔公共浴池
新北市萬里區加投路250號付近


開放時間 8:00–12:00, 16:00–20:00(月曜は清掃日のため休み)
※私は14時頃訪問しましたが入れました。時間外でも昼間は大抵開いているようです。
訪問日 2018.5.6